CENTRAL ADMINISTRATIVE
中央総合行政事務所
無料電話相談実施中!ご相談・ご依頼は下記へお電話を電話受付(AM8時〜PM21時、月曜〜土曜、祭日も可)
011-205-0305
北海道行政書士会所属
代表・行政書士 後藤哲夫
NO 93010209号

事務所 札幌市中央区北2条西1丁目
トップページ事務所案内・所在地図業務内容・プロフィール報酬基準額リンク特定商取引表示
相続手続Q&A集戸籍謄本基礎知識遺産分割協議書相続手続届出期限不動産の相続手続

相続手続のQ&A集

*こちらは相続で起こり得るさまざまな疑問をQ&Aでまとめておりますのでご参考に。
 遺留分とはなんですか?

A遺留分とは、被相続人がどのような遺言を残しても、(例:相続人に全く残さず全財産を愛人に遺贈するなど)相続人である妻や子、子がないときは親のために必ず残しておかなければならない遺産の一定部分です。法定相続分の半分が遺留分として権利がある遺産です。


 Q兄弟姉妹には遺留分はあるのですか?

A被相続人に妻子がいない場合、相続の権利は兄弟姉妹となりますが、遺言状が他人に全財産を遺贈する内容である場合は、兄弟姉妹の受取る遺留分は全くありません。


 Q遺贈と贈与の違いは?

A遺贈とは、被相続人が遺言で法定相続人以外に遺産を与えるとする内容です。例えば、生前世話になった使用人とか長男の嫁などに遺産を分与するなどです。そのような場合でも法定相続人である妻や子は当然遺留分の権利があります。贈与は、生前に受けていた財産のことです。

 Q特別受益とは?

A相続人が贈与や遺贈を受けていた場合に、他の相続人からの申し出があれば、公平を期すためにこれを特別受益としてその財産を相続分から差引かなければなりません。遺贈の場合はすべてが特別受益になり、贈与は特別受益にならないものもあります。特別受益にあたる贈与として、婚姻による結納金、持参金、新居費用など、養子縁組の持参金、新居、道具などがあります。

 Q愛人の子の相続分は?

A愛人の子は遺留分の権利(法定相続人としての権利)はありませんが、認知を受けた場合(認知の時期は相続開始前後を問わず、ただし開始後3年以内)には、本妻の子の半分の権利があります。

 Q養子の相続分は?

A養子とは、そもそも他人の子を自分の子として取り扱うことであり、相続財産は実子と区別することなく平等に頭割りすることになります。

 Q養子にやった子の権利は?

A養子にやった子でも権利があります。ただし特別養子(養親の嫡出子としての権利取得)の場合は相続できません。

 Q先妻の子と後妻の子が相続する場合は?

Aいずれも嫡出子ですから均等に権利があります。後妻の子だが、生まれた当時は愛人であった子の場合でもその後正式な配偶者になった場合は、嫡出子となります。(準正)

 Q実子と妻の連れ子の相続分は?

A連れ子はいくらかわいがっても法律上相続権はありません。養子縁組届をおこなうことにより、実子と等分になります。

 Q養親と実親が相続する場合は?

A養子と同様に、養親も実親も均等に権利があります。ただし、特別養子縁組の場合は、養親のみが遺産相続の権利者となります。

 Q妻子がなく親と兄弟姉妹がいる場合の相続は?

A親のみが相続の権利があり、兄弟姉妹には権利がありません。

 Q胎児も法定相続人?

Aやがて生まれて子孫となる胎児は、他の子と同等の相続人となります。ただし、死んで生まれた場合は適用になりません。また、生きて生まれた場合に遡って相続人とされる考え方が適正と思います。

 Q相続を放棄した場合放棄した子は?

A代襲は、相続人が相続放棄した場合は生じないことになります。したがってその子の代襲相続は生じません。

 Q限定承認の意味は?

A限定承認とは、相続財産と負の遺産が同じような場合、相続人全員の同意で、3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てを行うと、遺産以上に負債がある(債務超過)場合は債務を免れることができます。遺産の多い場合は負債を清算した残りは相続人に分配されることになります。

 Q代襲相続について?

A被相続人の子が死亡、またその子が死亡した場合など、孫、曾孫が親に代わって相続します。直系卑属の場合はどこまでも代襲相続していきます。子や親がいない場合は兄弟が相続人となりますが死亡している場合は甥・姪が代襲相続します。傍系血族の場合は、甥・姪で打ち切りです。

 Q相続人が相続欠格や廃除の場合の代襲相続は?

A相続欠格や廃除の場合は、相続放棄と違い、その子、または孫が代襲相続になります。

 Q身元保証人の相続は

A身元保証は、「私が本人の一切のことについて責任をもちます」ということですから、金銭の保証もはいるわけですが、本人との個人的な信頼関係の上で成立しているものです。そのため相続人とはあまり面識もないわけですから、一般的に相続の対象にならないというのが判例です。しかし、被相続人が生前に発生し、保証の対象になっている場合は、相続の対象になります。



トップページへ戻る