CENTRAL ADMINISTRATIVE
中央総合行政事務所
無料電話相談実施中!ご相談・ご依頼は下記へお電話を電話受付(AM8時〜PM21時、月曜〜土曜、祭日も可)
011-205-0305
北海道行政書士会所属
行政書士 後藤哲夫
NO 93010209号

事務所 札幌市中央区北2条西1丁目
トップページ事務所案内・所在地図業務内容・プロフィール報酬基準額リンク特定商取引表示
配偶者税額減税制度
 配偶者には有利な相続税減税制度があります、ご参考にしてください。
 配偶者はいくらまで税金がかからない?

 原則として相続財産の大小に関わらず、民法で定める法定相続分の範囲内であれば
 配偶者は全く課税されません。


  例:法定相続人 配偶者と子1人
    課税価格の相続財産合計 2億円
    相続税の総額 2500万円 
    配偶者の相続金額 1億円  配偶者の納付税額  0円
    子の相続金額    1億円  子の納付税額2500×1/2= 1250万円
 
 さらに、
配偶者が法定相続を超えた場合でも1億6000万円以下であれば
 配偶者は相続税が課税されません。


  例:法定相続人 配偶者と子1人
    課税価格の相続財産合計 2億円
    相続税の総額 2500万円
    配偶者の相続金額  1億6000万円  配偶者の納付税額  0円
    子の相続財産  4000万円  子の納付税額2500万円×1/5= 500万円

 相続の方法によって相続税額が変わります。


 *相続税に関するご相談は当所と提携している税理士のアドバイスを受けお応えします。

トップページへ戻る