CENTRAL ADMINISTRATIVE
中央総合行政事務所
無料電話相談実施中!ご相談・ご依頼は下記へお電話を電話受付(AM8時〜PM21時、月曜〜土曜、祭日も可)
011-205-0305
北海道行政書士会所属
行政書士 後藤哲夫
NO 93010209号
事務所 札幌市中央区北2条西1丁目
トップページ事務所案内・所在地図業務内容・プロフィール報酬基準額リンク特定商取引表示
相続手続Q&A集戸籍謄本基礎知識遺産分割協議書相続手続届出期限不動産の相続手続

遺産分割協議書について

遺産分割協議書のポイント・注意点について説明します
 遺産分割協議書を作成するとき、しないとき

 相続が発生して、かならず遺産協議書を作成しなければならないわけではありません。たとえば、法定の相続割合そのままで相続する場合とか、遺言書があってその通りに相続する場合などは作成する必要はありません。遺言書があっても、相続人全員の同意で分割協議に基づいて遺産を分けることも可能ですが、遺言者の意思を尊重することも大事なことですね。

 遺産分割協議書作成の注意点

 遺産分割協議書の作成書式に、定まったものがあるわけではありませんが、せっかく作成しても無効になることがあります。注意点として、主要な相続財産はすべて記入すること、財産が特定できる内容であること、例えば土地建物などは地番・家屋番号などを必ず明記しましょう。

 それから相続人は全員参加し住所氏名を記入し、必ず印鑑証明登録している実印を押印することが重要です。署名は必ずしも必要なく、ワープロ打ちの記名でも有効です。作成年月日も忘れずに記入しましょう。相続人が遠隔地の場合は、書類を郵送して持ち回りで捺印するとよいでしょう。相続人数分の枚数を作成することが望ましいでしょう。

 遺産分割協議と負の遺産

 相続財産は正の遺産だけではありません。例えば借金、クレッジト債務など負の遺産もあります。これらの債務を明確にして漏れのないようにしましょう。

 相続手続に要する経費は、依頼先にある程度明確に金額提示を受け、遺産分割の協議をすることが重要です。遺産を分けた後に多額の請求があり、トラブルが起きることがありますので注意が必要です。

 相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議

 相続人が未成年者のときは、その親権者が法定代理人として代わって遺産分割の協議に参加することになります。しかし、相続の場合は親が共同相続人であることが多く、子が親と利益相反することになるわけです。そのような場合は、子のために家庭裁判所に特別代理人を選任してもらい、その代理人と協議することになります。

 法定相続どおりの場合は(協議書も作成しないので)そのことは必要なくなるわけです。相続人に未成年者がいる場合、たとえば不動産を親と共有するなど、法定相続どおりに登記をする方法があります。

 遺産分割協議の時期について

 相続開始後3ヶ月間は、考慮期間として、相続を放棄すべきか限定承認(負債額内の相続承認)の申請か、またはそのまま相続を受けるかを検討する時期です。早期に遺産分割協議書を作成すると、単純承認したとみなされ、負の遺産もすべて相続したことになります。

 多額の債務がないか、連帯保証人になっていないかなど、負の遺産を十分調査したうえで遺産分割協議書を作成する必要があります。また、胎児も相続人と推定されますので、胎児が生まれた後に特別代理人を選任して、遺産分割協議をすることが望ましいでしょう。

 遺産分割協議書が無効の場合

 協議書作成後に遺言書があることが判明した場合は、遺言書に従い協議書は無効となりますが、相続人全員が、たとえ遺言書があっても、遺産分割協議書に同意する旨の意思表示をした場合は有効です。1人でも異議がある場合は当然協議書は無効になります。そのほか法定相続人が1人でも参加していない場合、相続財産が明確でないもの、一部が抜けている場合などは無効になります。

 遺産分割協議書の作成例

作成例を掲載しますのでご参考に。
(この協議書はあくまでも架空のもので、実在するものではありません)

遺産分割協議書


平成○○年○月○日に死亡した被相続人北海太郎(仮名)の遺産について、同人の法定相続人全員において分割協議を行なった結果、下記相続人が遺産を取得することに決定した。

1.法定相続人北海一郎(仮名)は預貯金のうち金2,500,000円を相続する。
2.法定相続人宮城花子(仮名)は下記を相続する。
  @    預貯金のうち金2,500,000円
  A    土地
     所在地 札幌市○○区北○条西○○丁目○番○号
     地番 ○○番○○
     地目 原野
     地積 298.00u
3.法定相続人北海二郎(仮名)は預貯金のうち金2,500,000円を相続する。
4.残余の預貯金678,800円は、先祖の供養・法要等、祭祀の費用を支弁するために保管し、北海一郎(仮名)が管理することとする。

 以上の通り相続人全員による遺産分割の協議が成立したのでこれを証するため本書を作成し、各自署名押印する。

   平成  年   月   日

    住 所
      相続人 氏名                         

    住 所

    相続人 氏名                         

    住 所

    相続人 氏名                         



                     



                               
無料相談お問い合わせはこちらから
ファックスの場合でもお受けしますFAX011−205-0306
                                        
トップページへ戻る