CENTRAL ADMINISTRATIVE
中央総合行政事務所
無料電話相談実施中!ご相談・ご依頼は下記へお電話を電話受付(AM8時〜PM21時、月曜〜土曜、祭日も可)
011-205-0305
北海道行政書士会所属
行政書士 後藤哲夫
NO 93010209号
事務所 札幌市中央区北2条西1丁目
トップページ事務所案内・所在地図業務内容・プロフィール報酬基準額リンク特定商取引表示
公正証書の有効活用遺言の公正証書離婚協議公正証書公正証書作成手数料

離婚協議書の公正証書

 離婚協議の公正証書についてご説明します。
 離婚協議の内容について

離婚協議の内容については次のような事項があります。

1.慰謝料について(金額・支払方法など)
2.財産分与について
3.養育費について(未成年の子が満20歳まで・卒業までなど)
4.就学費用について(授業料・通学費用・下宿代など)
5.その他(親権など)
      
      
 離婚協議書を公正証書にするメリットについて

1.協議書・契約書が公になり強力な証拠力となります。
2.公正証書は裁判における「判決」と同様に債務名義としての効力があります。
3.約束を履行しなかった場合、面倒な訴訟手続を経ずして強制執行に至ります。
4.債務者が約束を守る確立が一段と高まります。

 公正証書の作成手続きについて

手続を行政書士に依頼した場合の手順は次の通り。

1.夫婦間で離婚の協議を行なう。
2.夫婦で(いずれかでも可)行政書士事務所に訪問し内容を説明する。
3.行政書士が協議内容をまとめて文書化する。
4.行政書士が公証人役場に訪問公正証書作成の打ち合わせ。
5.夫婦が行政書士事務所に訪問し、契約書・委任状に署名捺印する。
6.同時に夫婦双方の印鑑証明書・費用等を持参する。
7.行政書士が公証人役場へ訪問公正証書作成する。
8.公正証書の交付。
9.終了




 公正証書の作成手数料をご案内いたします。
 公正証書作成費用

公証人手数料

法律行為ごとに下記手数料となります。

たとえば離婚協議の場合、慰謝料と養育費の場合は2行為となり、それぞれの目的価格に応じて手数料を算出。(財産分与は慰謝料に入り、年金分割も含めると3行為になります)

公正証書遺言の場合は、相続人の人数ごとに目的価格の金額を計算。

賃貸借契約等の場合は、双方2行為として算出。
    
法律行為の目的価格が
100万円まで5,000円  200万円まで7,000円 500万円まで11,000円  1,000万円まで17,000円
3,000万円まで23,000円  5,000万円まで29,000円 1億円まで43,000円
その他交付費用10枚で2,500円がかかります。

 行政書士手数料

@公証人打合・書類作成等   43,200円
A代理人・証人として公証人への出頭費用 
                    21,600円(2名分)
行政書士手数料計        64,800円

      


電話でのご依頼はこちらから 011-206-0305

無料メール相談はこちらから

トップページへ戻る